使えるソフト&ツール無料で出来る事扉を開く為に
Googleの活用方法Yahoo!を使いこなせ!!特選・無料レポ−ト


|夢の扉の開き方Yahoo!を使いこなせ!!

Yahoo!検索方法/@




アンド検索・マイナス検索・完全一致検索

ほぼ、Googleの検索方法と同じですが、改めてご紹介します。

【アンド検索】◆キーワードの複数入力で「必要なサイト」を一発検索

検索ボックスに1つのキーワードしか入力しないと、膨大な数の検索結果が表示されてしまいます。
そこで、キーワードを追加して絞り込みをする必要がある訳です。

キーワードの次にスペースを入れ、続けて別のキーワードを入力すれば、検索結果を簡単に絞り込む事ができます。
1つ、2つ、3つと増やすほどより具体的な検索が可能となります。

例:「箱根」「箱根 温泉」「箱根 温泉 旅館」「箱根 温泉 旅館 格安」

検索の基本です。

【マイナス検索】◆膨大な検索結果を効率よく絞るには?

検索結果が少ないのも困りますが、多すぎるのも逆に絞り込みにくいものです。
そういう時には「マイナス検索」が有効です。

特定のキーワードが書かれているページを検索結果から除外する方法なんです。

例「ビジネスマナー」「ビジネスマナー -冠婚葬祭 -就職活動」というふうに

ビジネスマナーだけの検索では不要な冠婚葬祭や就職活動の情報までヒットしてしまいます。

そこで、スペースを入れ、半角のマイナスを入力した後に不必要なキーワードを入力すると、余計な情報が除外され、探しているサイトがより見つかりやすくなります。

さらに、「ビジネスマナー -冠婚葬祭 -就職活動 挨拶 手紙」等とアンド検索と組み合わせるとより絞り込む事ができますよ。


【完全一致検索】◆「 " 」を使えば、キーワードと検索結果が完全に一致。

アンド検索・マイナス検索を使っても思うような検索結果が得られない場合。

「渋谷公会堂 クラシックコンサート」と入力すると渋谷・公会堂・クラシック・コンサート

というふうに分けて検索されるため、関係のないサイトまで拾ってしまう。

非常に有り難い機能なんですが、ピンポイントで情報を集めたい時には不便でもある。

そこで活躍するのが「完全一致検索

キーワードを「 " キーワード" 」というふうに「 " " 」で囲むと、完全に一致した情報を検索する事ができる。

まだ続きます・・・お楽しみに!!

※三笠書房・創藝舎発行のヤフージャパン完全活用本よりご紹介しました。

◆ご参考までに

◆Google活用法
Google活用法F翻訳
Google検索法E辞書
Google検索法D計算
Google検索法C
Google検索法 第三弾
Google検索法 第二弾
Google検索方法

◆◇↓お暇潰しになりましたら、ワンクリお願い致しますm(_ _)m
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking






この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
カテゴリ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。